エクステ Q&A


「エクステって痛くないの?」「短い髪の毛から伸ばしたら、すっごくお金がかかる?」
皆さんがからアンケートを通して寄せられた「エクステに関するお悩み・質問」にお答えします。
答えてくれるのは、下北沢ZENDのエクステマスター「Ryuta」さん。


Q1引っ張られると痛くないの?
付けた時は痛くなくても、しばったり、髪の毛をとかしたりして引っ張られたら痛いんじゃないかな…。寝る時も心配。
強く引っ張られたら痛いのは普通の髪と同じ(笑)。でもしばったり、とかす時に髪はいろいろな方向に動きます。このとき、髪が一方向にしか動かないと、無理矢理引っ張られるので痛いんです!上のように「間接」を作ってエクステをつければ、髪が一方向だけに引っ張られずに痛みが軽減できるんです。
Q1引っ張られると痛くないの?
最近よく聞く前髪のエクステ、チャレンジしてみたいけど…目立たないか心配。
どうやってついてるのかな?
point前髪につけるには、エクステを細くして使うのがポイント。
あわせて、さっきとは逆で間接をつけないこと!間接をつけるとコネクト部分が厚くなって目立ちがちだし、1ヶ月くらい経つとコネクト部分がちらちら見えてきてしまいます。(上の写真はだいたい1ヶ月たった状態)
Q1引っ張られると痛くないの?
短い地毛から長くしようとすればするほど、つける毛束が増えるってイメージ。
長くはしないけど、そんなにつけたらお値段もあがっちゃう?
pointもちろん付ける毛束の量は、なりたい髪型や頭の形によっても異なりますが、 たくさんつければいいというものでもありません。上をみてください。たくさん付けた方は約80本。 少ない方はなんと約40本。少ない本数でも付け方を工夫すれば馴染みもばっちり! 予算をスタイリストさんに伝えて、馴染みのよいスタイルを提案してもらうことをお勧めします。(※本数は個人差があります)
Q1引っ張られると痛くないの?
エクステをつけたら巻き髪も楽しみたい。でもサロンで巻いたようにうまく行かないのはなぜ?エクステだからなのかな…。

エクステは地毛とは違ってコーティングが強く、巻いた形が少しつきにくい場合がありますが 基本的には地毛と一緒。基本的には熱をしっかりと与えてあげればきれいな巻き髪が出来ます。

pointサロンの業務用アイロンはかなり高温になるために、形がつきやすくなっています。 きれいにしっかり巻きたいとき家庭用アイロンで行う場合は高めの温度で巻いてください。 熱が髪に伝わっているか確かめる方法として、アイロンに巻いている状態で髪を指でちょっと触って熱く感じればOKです。触る時には火傷しないように注意してくださいね。

Q1引っ張られると痛くないの?
エクステをつけているときは、シャンプーが大変そう!シャンプーして絡まったらどうしよう。どうやったらうまく洗えるのかな?
シャンプーのポイントはとにかく「泡」。
あらかじめ泡をしっかりたてて、地肌を中心に洗います。毛先は泡を伸ばしていく感じで洗うだけで充分洗えているんですよ。無理にこすり洗いをするとからんでしまうし、傷みの原因にもなります。地肌はやさしくマッサージするように、毛先は泡をためて髪を優しくもむような感じで。かきあげないように注意ですよ。

「泡」が作りにくい場合は、ぜひ「泡ボトル」を使ってみて!ポンプを押すだけで泡になってでてきます。100円ショップでも売ってますよ!
Q1引っ張られると痛くないの?
ドライヤーで乾かすと時間もかかるし、絡まりがち…うまく乾かすにはどうしたらいいの?
濡れている状態で、いきなりドライヤーで乾かしてもエクステは地毛よりも乾きにくいので、時間がかかり、乾燥すれば絡みやすくもなります。まずは、タオルドライでしっかり水気を取る事が大切。
”大きめのタオル”などを利用し、すっぽり頭をおおって、しぱらく放置しておくことで水気をしっかり取る事ができます。その後ドライヤーで乾かすと乾かしやすくなります。
Q1引っ張られると痛くないの?
エクステは絡みやすいイメージ。うまくとかすには?

point地毛よりは絡みやすいエクステ。上のように絡まってしまったら、無理にクシを通したり、手グシをしたりせずに、毛先を粗いクシで優しくとかします。

いざエクステに挑戦! 

pointいろいろ疑問や不安があって、エクステに対してちょっと尻込みしてたけど、いろいろ説明してもらってちょっと安心。ぜひぜひエクステに挑戦してみたいです!

大人のゆるふわ 完成!

zend afterzend after

今回のスタイリスト&サロン

渡邉 竜大(Ryuta Watanabe)さん  渡邉 竜大(Ryuta Watanabe)さん  

一つ一つの質問に丁寧に答えてくださったryutaさん。
実際にエクステをつけるときにも、不安に思っていることを相談することで、要望のスタイルにもっと近づける!ぜひ気軽に相談して。

ZEND HAIR AND MAKEUP STUDIO[お店の紹介はこちら]


ページのトップに戻る