エクステ基礎知識

エクステンション もともとは信仰の証

ヘアーエクステンションはもともと、「神への信仰の証」のために使われ、動物毛や人毛を使ったアフリカの伝統的な方法でスタイルがつくられていました。

それが、ヨーロッパやアメリカの黒人の中でブームとなり、様々なスタイルが開発されました。 「ドレッド」などもその一つです。

その後、ミュージシャンの間で流行し、知名度もあがってきました。 その頃には、ファイバーのエクステンションも開発され、カラーや種類が一気に増え、ファッションの アイテムとして確立してきました。

日本でエクステンションが登場したのは、今から約12〜13年前の1990年頃。 そのころはファイバーのものが主流で奇抜なスタイルが多く、一般的なスタイルがあまり作られませんでした。

人毛のエクステで一気に一般的に

しかし2000年頃、人毛を主流としたエクステンションが一般的になり価格も下がってくると、 ポイント的なものではなく、普段使いのスタイル「見えない」付け方が可能になり、10代〜20代前半の女性のブームとなりました。
最近ではTVや雑誌の影響もあり幅広い年代のヘアスタイルの幅を広げるアイテムとして認知されてきています。