スタイルカタログ

夏のアレンジエクステ

Of HAIR afterOf HAIR 特集

Of HAIR 特集

スタイル詳細&印刷する

こんな感じでつけてます!

Of HAIR 工程まずはカウンセリング。
エクステをつけるのは2度目の彼女。
「以前つけたときは、地毛との境目が目立ってしまって、実はちょっと不安なんです…。」とのこと。

「じゃあ、カラーとレイヤーの位置に注意してつけていくね。」
スタイリストさんは、実際にエクステを地毛とてらし合わせて、慎重につけるカラーを決めていきます。
「 大丈夫!地毛が伸びた!って思えるようにスタイル作ります。」というスタイリストさんの力強い言葉に、彼女も笑顔。

Of HAIR 工程スタイリストさんも真剣そのもの。
まずはエクステを付ける前に、バランスを見てシュミレーションといったところでしょうか。

Of HAIR 工程細かくパーツをわけて、丁寧にエクステを付けていきます。
パーツの分け方が、レイヤー位置を決める大切なポイント。
短めのバックをうめるために、何段かにわけて付けていきます。
「ちょっと楽しみになってきました…。」と彼女。

Of HAIR 工程エクステ付けは完了!
というところで、「カットします!」というスタイリストさんの宣言に、若干悲しそうな彼女。
「まるで、自分の毛を切ってしまうみたい…、もったいない」という気持ちもわかります。
切る前に触って、感触を確かめていました!
スタイリストさんは、ここからカットを施し、さらに地毛となじむように整えていきます。

スタイリストさんから一言

内窪 忍(Shinobu Uchikubo)さん

内窪 忍エクステは時間がかかる、ケアが大変だからちょっと…、と尻込みされる方がいらっしゃいます。確かに「簡単です!」とは言いにくいです。事実、地毛よりも気を使って頂かないと傷みますし、本数が多くなればサロンでの負担も増えるとは思います。そのことを無視してお勧めしてしまうことはできるかもしれませんが、僕としては、しっかりと、かかる負担をお話し、納得いただいた上で付けて欲しいですし、それで「やりたい!」という方には、最大限満足いただけるように、様々な工夫をしています。今回のスタイルの様に、簡単にしばってアレンジできるようなものであれば、慣れないうちはしばって、慣れてきたら、コテやカーラーで遊んで…というように、ご自分のペースでエクステを楽しんで欲しいですね。そのためには、いくらでもアドバイスしますよ!

今回のサロンは…

【Of HAIR(オブ ヘアー)】
こだわりの空間は、和のテイストも取り入れた落ち着いたたたずまい。「自分だけの特別な空間」を思わせるゆったりとしたサロンスペースです。
スタイルだけでなく、髪のコンディションにも気を配った環境づくりで、真の癒しを髪に与えてくれるサロンです。

東京都港区南青山3-18-19 明星表参道64 B1
tel.03-5771-8835
定休日:無休 [HP]

Of HAIR

使用したエクステ

バルマンエクステンション  バルマンエクステンション

 6JQ 7JQ 9JQ ケラチンエクステンション 
 合わせて55〜60本

今回は、3色のストーレートエクステンションを使用。
地毛のカラーに合わせて、本数はバランスをみてつけています。

 

ページのトップに戻る