エクステヘアケア

夏はダメージを受けやすい季節。もちろんエクステも同じです。
地毛と同じようにやさしくいたわってあげましょう。
夏特有のダメージ&ケアについて解説します!

三つ編みは必ずしましょう!

海やプールに行く時は、寝るときと同じで、軽くでいいので三つ編みをするようにしましょう。
海水+風のダブルパンチで絡まりやすくなりますので、気をつけてください。

紫外線

肌にも良くない紫外線は、髪にもよくありません。
髪に含まれるタンパク質の結合がもろくなってしまうことで、髪の内部にある大切なタンパク質が外に流出してしまいます。
これによって、髪のコシがなくなり、切れ毛・枝毛の原因になってしまうのです。
加えて、強い紫外線は髪の毛のメラニン色素を変化させ、赤茶けた色になっていきます。

海水

海水に含まれる塩分は、やはりたんぱく質の流出を助長します。
また、海水にぬれた髪が乾く時、浸透圧によって水分を奪うため、乾燥した髪になってしまいます。

プールの水

プールの塩素はアルカリ性のため、髪のキューティクルが壊れやすくなります。
キューティクルが壊れると、内部のたんぱく質も流出しやすくなります。

ダメージをうけないために&ダメージケア

このようなダメージを防ぐために、紫外線になるべく当たらないように帽子をかぶったり、海水やプールの水をなるべくまめに真水ですすぐことを心がけましょう。
また、ロングヘアの方は縛って水に入るようにし、入る前にはヘアコート剤を使うとよいでしょう。
傷んだ髪の補修・保護作用のあるヘアコート剤をつけるだけで、ダメージの程度が変わってくるようです。最近は洗い流さないトリートメントもたくさん発売されているようです。
UVカットの効果のあるものであれば、紫外線のダメージも減少できますね。
ただヘアコート剤でも油分の入っているものはNGです。油分が入っていると、紫外線に反応してタンパク質が変性する原因になりますので注意してください。

ダメージを受けてしまった髪は、念入りにしっかりとトリートメントしてケアします。
毛先の枝毛や切れ毛は補修できませんから、毛先から2〜3cmのところで切り揃えましょう。